【合格体験記(電工1種)】電験7年目です様

第1種電気工事士

【No.022(2009.01.17)】

何回目の受験?

 1回目

使用した参考書

筆記:よくわかる!(新制度版)第一種電気工事士筆記問題集 弘文社
    第一種電気工事士筆記試験の徹底攻略 オーム社
実技:タイトル忘れました・・・電気書院です。

使用した工具

 圧着ペンチ
 スケール(いちいち使ってるようだとだめです)
 ドライバ+-
 ペンチ
 電工ナイフ

指定工具以外でこれが大活躍した

 ワイヤストリッパ
(線剥きには、ホーザン製のものもいいようです。)

受験体験記

筆記:電験の理論と法規を重点に、工事士の申し込みをした時点ころから勉強してました。電験受験後、9月から電気工事の参考書を購入し、勉強しました。結構、共通点が多く比較的楽に理解することができました。

また、筆記試験問題は、基本用語を知っていれば回答できるものもあるので、参考書を暗記専用と使い分けれればいいような気がします。あとはひたすら過去問題の計算に慣れることですよね。

実技:まず、経験者の話を聞く。それから、自分の理解しやすそうな参考書を購入する。複線図を1週間ひたすら書く。

その後、1週間ワイヤストリッパーなどのケーブルを剥き易い工具は使用せず、電工ナイフで一通り例題をこなす。

最後の1週間で、試験を想定した、ケーブルを剥き易い工具で実戦をイメージしながら一通りこなす。この時点で20分から30分で完成できていれば安心だと思います。